夜美人形(3)についてを簡潔に説明しているページです。夜美人形(3)について

2010カネモリ(1)三番町萩原屋の美人 選集EX.1を簡潔に説明しているページです。2010カネモリ(1)三番町萩原屋の美人 選集EX.1事故に遭ったあこがれの女性を救うため、自作のタイムマシンに乗り込んだはいいが、間違えて明治時代にやってきたのは兼森と島田のひ孫たち! だがひいおじいさんズと同じ顔をしていたため、周囲に混乱を巻き起こし、その挙げ句、彼らと間違われて誘拐されてしまった!! 兼森と島田が大活躍の「三番町萩原屋の美人」番外篇、開幕!!兼森の同級生である進藤は、学生にしてすでに一般の美術展で入賞する程の洋画の秀才。
先生からの信頼も厚く、国費留学は彼で間違いなしだといわれている。
しかし、実際の彼はとうに絵を描く目的を失っており、器用に裏と表を使い分け、取り巻きに囲まれて生きるのをよしとしている。
そんなイエスマンだらけの周囲で、兼森の許婚だという、地方出の大柄な女性だけが彼の絵を認めてくれなくて…!?国費留学生としてロンドンに渡っていたはずなのに、なぜかパリで踊り子のヒモをしながらデカダンでアンニュイな生活を送る島田。
そんな彼に一目惚れした貴族の娘は、なんと「白いカーネーション」と異名をとる、民衆の味方の大泥棒だった!! そして彼女の正体を知った島田は奇策に出る……。
兼森と島田がパリの夜を駆け抜ける、「三番町萩原屋の美人」番外篇――!!ご隠居の作った「いくさん」を目標に、兼森は理想の女性(目はぱっちりと色白で、背はちっちゃくて手足は細く、小鳥のようにチャーミング…)をモデルに「自分だけを愛してくれるロボット」を作ると言いだした! できあがったのは兼森の理想とは程遠いものの、意志を持って喋る高性能ロボット。
喜ぶ兼森だが、彼女が求めるのはオールバックの「ボッチャマ」。
いったい彼女は誰を探しているのか!?『ファイル1・高層恐怖症』一流商社の女性総合職として意欲的に働く冠野あずさは、高層恐怖症とゾンビの悪夢に悩まされ「楷恭介心理研究所」を訪ねる。
楷は「心の病」の原因があずさ自身気づいていない「幼少時の記憶」にあることを突きとめ、必死に処方を施す──。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60014609


Ads by Sitemix