眩惑の摩天楼(4)です。



多くの人々、そして様々な悪霊までもが巣食うNYマンハッタン。
謎多き男・カートと、バーの歌手・マデラインの周囲で起こる数々の怪事件。
その中での、出会い…別離…再会。
彼らの過去、そして行く末に待ち受けるものとは――!?フィンの体を奪い、永遠の支配者として再生した魔術結社<黄金の夜明け>の道士…。
彼の目標は人類に対する宣戦布告だった! 道士の魔の手が、NYマンハッタンに迫る!? 過去の道士によって育てられたカートは、その計略を阻止しようと立ち向かうのだが…!?フィンの体を奪い、永遠の支配者として再生した魔術結社<黄金の夜明け>の道士…。
彼の目標は人類に対する宣戦布告だった! 道士の魔の手が、NYマンハッタンに迫る!? 過去の道士によって育てられたカートは、その計略を阻止しようと立ち向かうのだが…!?夜の海か湖に似ている、おまえの黒い目を見ているとよく眠れるんだ――…。
小さな少年は、ご主人様のため、夜ごと眠りの番をする……。
その黒いぶどうのような目をこらし――。
透明感あふれる絵柄と、やわらかくてあたたかい、そしてやさしくてユーモラスな物語は、一度知ったら忘れがたいもの。
数々の名作を再編集、第一集はキラキラまばゆいようなファンタジーを中心にお届けします――。
まだ行ったことのない、どこかに行ってみたいんだ――。
いつもの塾の帰り道、偶然出会ったのは、学校に来なくなってしまったクラスメイト。
だけど彼は、犬をつれて、輝く瞳をしていて……。
まだ見えぬ自分の将来に立ち竦む、高一の冬。
笑いと清清しさの中にきらめく何かがある……。
数々の名作を再編集、第二集は著者が愛した犬たちと動物の登場する作品を中心にお届けします――。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60018626

▲ ページの上部へ

Ads by Sitemix