黒髪の誘惑[コミック]の詳細情報



「彼は危険すぎるわ…」。
ケイティは、仮面舞踏会で海賊に扮した男性にダンスを誘われた。
彼とステップを刻むたび、彼女の体に官能的な感覚が広がる。
それは忘れられないかつての恋人・カーヴァーに抱かれているかのようだった。
数日後、偶然にも仕事でカーヴァーに再会すると、彼からは海賊と同じ香りがして…!?ヒューストンの病院で起きた銃撃事件唯一の目撃者は、緊急治療室の女医・サラだった。
目撃者を犯人から守るため、ボディガードを命じられた囮捜査官のラズは、内気で頑固ながらも魅力溢れる彼女に好奇心をくすぐられる。
サラの安全のため、隠れ家行きを提案したラズだったが、そこでの生活は想像以上に魅力的で…!?弁護士のエマにとって、今年のバレンタインは特別!! なぜなら、同じアパートに住む憧れのリュックにチョコレートをプレゼントすると決めたから。
私のすべてをかけて誰かを本気で愛してみたい。
もしかしたらリュックがこの相手になってくれるかも…。
でも、彼を喜ばせたかっただけなのに、彼の命を狙うスパイだと誤解されてしまって…!?父親の過激な束縛から逃げるためにラスベガスまでかけおちしてきたつもりが、結婚目前で彼氏に捨てられてボーゼンジシツ…。
そんな、デアラの前に現れた運命の人・ゼイン。
目が離せなくなるくらいに彼にウットリ見惚れちゃって、会ったばかりなのにデアラのハートはドッキドキ! それどころか酒で盛り上がった周囲にあおられて、なんと酔った勢いで2人は結婚式を挙げてしまうことに―――!!車を運転中、アナは誤って見知らぬ男性にケガを負わせてしまった。
男性の名はギディアン。
町の由緒ある館の主人だった。
彼を館へ送り届けるが、雪のため、二人きりでとじこめられてしまう。
かつての恋人によく似た面差しの美しいギディアンに、アナはどんどん惹かれてゆくが、すべては卑怯な罠だった!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60021554

▲ ページの上部へ

Ads by Sitemix