新世紀エヴァンゲリオンVolume1使徒、襲来を深く解説するサイト



――西暦2000年 南極に大質量隕石が落下。
かくして有史以来未曾有のカタストロフィー「セカンド・インパクト」は起こった。
水位の上昇、天変地異、経済の崩壊、民族紛争、内戦…… 世界人口は半分に激減。
――それから15年、ようやく復興の兆しが見え始めた頃、人類に新たなる危機が訪れた。
「使徒」である。
 次々に襲来する正体不明の巨大戦闘兵器群。
果たして彼らはその冠する名のごとき「神々の使い」なのか…。
予測されていた「使徒」の襲来に対抗すべく人類は汎用人型決戦兵器「エヴァンゲリオン」を開発。
2015年にはすでに3体を実用化していた。
そして「エヴァ」のパイロットには、「3人の少年と少女」が選ばれた。
大人たちは彼らに未来への希望を委ねざるをえなかったのである。
 その肩に、人類の存亡という大きすぎる運命を担った少年たちの戦いが今、始まる――西暦2015年――関東第3新東京市に「使徒」と呼ばれる正体不明の怪物が出現。
防衛側の国連特務機関ネルフによって開発された汎用人型決戦兵器・エヴァンゲリオンが迎え撃つも、その力の差は圧倒的で敗退を余儀なくされる。
ネルフ最高司令長官である碇ゲンドウは、エヴァのパイロットとして、長らく他所へ預けていた息子・シンジを呼び寄せる。
積年の確執と、あまりに独善的な要求への反発心から自暴自棄となったシンジは、エヴァへ搭乗することを承諾するが、操縦もおぼつかぬまま出撃し、途中で意識を失ってしまう。
操縦者なきままエヴァは暴走し、戦闘を続けてついには使徒を倒してしまうのだが……。
疎遠だった父に呼ばれ、第3新東京市の国連特務機関ネルフへやってきたシンジは、父親への意地から汎用人型決戦兵器・エヴァンゲリオンのパイロットとなる。
目的、正体とも不明なまま次々と襲来する“使徒”との戦いは、少年には重すぎる恐怖と緊張を強いたが、同時に、これまで自分の中にのみ向いていたシンジの心を、他人とのかかわり合いに向けさせた。
しかし、その矢先、シンジは自分を監督するミサトのノートを見つけ、再び自分の殻に閉じこもってしまう。
私的な感情で命令を無視したことを叱責されたシンジは、ネルフを飛び出すが、ミサトの本当の心に触れ、今度は自分の意思でエヴァのパイロットになることを選び、ネルフへと戻った――。
ネルフに戻ったシンジは、父・ゲンドウの掌にある火傷の痕が、エヴァ起動実験中の事故でエントリープラグに閉じ込められたレイを助けるために負ったものであることを知り、複雑な思いを抱く。
他人に心を開かないレイと、任務以外に関心がないような父の間にある見えない絆を考えるうち、自然、シンジはレイ自身に関心が向き始める。
そこへ、新たなる使徒がネルフ本部への直接攻撃をしかけてきた。
国内総電力徴発による「ヤシマ作戦」によりエヴァは勝利するが、初号機の盾となったため、レイは零号機の中で意識を失ってしまう。
知らず、父のように夢中でレイを助け出したシンジに対し、感情を現さないレイも変化を見せ始めた……。
エヴァのパイロットとなる決意をし、ネルフと学校の新生活にもようやく慣れ始めたシンジの前に、新たなチルドレンが現れた。
14歳にして大学を修了、卓越した判断能力と抜群の操縦センスを持つ天才美少女、惣流・アスカ・ラングレーがエヴァ弐号機のパイロットとしてネルフにやってきた。
最初のうちこそ仲間が増えて喜んでいたが、アスカの極端な二重人格ぶりに戸惑うシンジ。
そこへ新たなる使徒が来襲、シンジとアスカで迎撃するが、コンビネーションの悪さから玉砕してしまう。
そこでミサトが出した作戦は、二人で同じ部屋で暮らし完全なユニゾンを作って撃破する、というものだった。
特訓を通してシンジはアスカの意外な一面を見て、思いを改めることに……。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60011398

▲ ページの上部へ

Ads by Sitemix