オークション・ハウス(16)について考えよう



イエス・キリストの聖骸布の真贋を見極めるべくドイツの宗門図書館に乗り込んだリュウ。
なんとそこにいたのは宗教の力で再び世を支配しようとたくらむナチスドイツのアドルフ・ヒットラーだった!父母殺害の真犯人・「連合・オークションハウス」壊滅を宿願に、宗門図書館の謎を暴き、一時は敵対したヒットラーの娘・オノンと心を通わせたリュウだったが、矢先に彼女を失ってしまう…。
激しい喪失感を抱き彼女の故郷を訪れたリュウは、彼女の異父妹・イメルダと出会い、「連合」と関わる彼女とトロイアの首飾りを守ることに…!!度重なる闘いで次々と愛する存在を失ってしまったリュウ。
しかし、旧友・佐々木竜伯の娘、スーザンと出会い再びリュウの魂はよみがえった!父母殺害の真犯人。
「連合オークション・ハウス」壊滅を宿願とするリュウ。
スーザンの持つ猿投天目の茶碗を狙ってマフィアが動きだし、リュウは茶碗の謎を暴くため、日本でマフィアの依頼人・加賀山天峰なる人物の本拠地へ向かうが…!?続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60007417

▲ ページの上部へ

Ads by Sitemix